5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

純愛ストーリーを作ろう!!

1 :田舎の探偵:2007/01/14(日) 20:32:29
みんなで純愛ストーリーを完成させよう(ノ∀`*)ノ彡☆!!

2 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:33:02
終了

3 :インスパイヤ ◆AVEX6ChCds :2007/01/14(日) 20:34:19
主役は、チョジェジンでお願いしたい。

4 :ズベズダ ◆ZvZd.GV/y6 :2007/01/14(日) 20:35:33
第一章:王宮の戦士たち

5 :ボナンザ ◆BONAR/zz/w :2007/01/14(日) 20:38:03
第二章:おてんば姫の冒険

6 :サモハン:2007/01/14(日) 20:38:15
人妻監禁凌辱〜少年にもて遊ばれた秘蜜〜

7 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:40:54
>>6
空気←これ読める?

8 :サモハン:2007/01/14(日) 20:41:15
くうき

9 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:41:53
>>7
6の代わりに読んであげようか^^

10 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:43:40
第三章:武器屋トルネコ

11 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:46:08
>>1
序章が無いという事は、FC版でおk?

12 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:47:39
>>10が空気読んでくれました

13 :サモハン:2007/01/14(日) 20:49:31
第4章人妻監禁凌辱

14 :ズベズダ ◆ZvZd.GV/y6 :2007/01/14(日) 20:51:16
>>13
そんなに陵辱もの好きなのかw

15 :サモハン:2007/01/14(日) 20:52:38
第5章女教師監禁凌辱

16 : ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2007/01/14(日) 20:52:55
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ
  |::( 6  ー─◎─◎ )
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)
/|   <  ∵   3 ∵>
::::::\  ヽ        ノ\
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\ 

17 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:53:10
純愛モンの要素なくね?

18 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:54:16
付き合う→セックス→別れる→付き合う→セックス→別れる→セックス→付き合う→別れる→セックス→セックス→?

19 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:54:36
第6章女百姓人参栽培

20 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:54:47
>>16
笑わすな

21 :募集中じゃないもん:2007/01/14(日) 20:55:05
じゃあ、ワタルとメイの純愛物語スタート!!ヽ(゚∀゚)ノ

22 :ボナンザ ◆BONAR/zz/w :2007/01/14(日) 20:56:21
441 名前: ボナンザ ◆BONAR/zz/w [sage] 投稿日: 2007/01/14(日) 16:28:12 
おい誰か一緒にハワイ行かねえか? 

23 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:56:28
じゃあ、ピサロとロザリーの純愛物語スタート!!ヽ(゚∀゚)ノ

24 :ボナンザ ◆BONAR/zz/w :2007/01/14(日) 20:56:55
あっあっ

25 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:57:21
僕は、我慢できずに
本能の赴くままメイを押し倒した・・・・・

26 :ズベズダ ◆ZvZd.GV/y6 :2007/01/14(日) 20:58:18
ワタル「デビルメイクライ…」

27 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:58:48
メイ「私達付き合ってるよね?」


ワタル「え?セフレじゃなかったけ?体だけの関係でよくね?」

28 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 20:58:55
臭い

29 :サモハン:2007/01/14(日) 20:59:23
人妻「だめ………夫が帰ってくる……だめ……いや…アッアッ…」

少年「こっちの穴はどうなんですか?大きな口をあけてますよ………オラオラ!」
ジュプジュプグチュブチュ
人妻「アッ……」

続き頼んだ

30 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:01:14
うごごごご・・・
もう何も見えぬ何も聞こえない・・・・
だがやるべき事は覚えている・・
貴様ら人間を根絶やしにする!

31 :募集中じゃないもん:2007/01/14(日) 21:01:57
>>29
最低。もうやだ。

32 :ズベズダ ◆ZvZd.GV/y6 :2007/01/14(日) 21:03:03
どっちに乗るべきなんだろうww

33 :ボナンザ ◆BONAR/zz/w :2007/01/14(日) 21:03:54
俺は>>30に乗りたいw

34 :サモハン:2007/01/14(日) 21:04:47
いいかお前ら、今の日本人が求める内容はずばり「支配」!!


だから人妻凌辱やれ

35 :サモハン:2007/01/14(日) 21:08:01
人妻の体は求めていた………
夫との夜の営みは減るばかり…
人妻「だめ…いや抜いて抜いて…アッ」ジュプジュプ
少年「抜いていいんですか?」
人妻「……はやく終わらせて……アッ」


続き頼んだ

36 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:13:19
人妻「……プッ……あっー」
少年「くせ〜!」

37 :募集中じゃないもん:2007/01/14(日) 21:14:00
どんな顔して書いてんだよ。

38 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:17:46
少年「・・どうだ・・・?」
人妻「・・すごく・・・大きいです・・・」

39 :ズベズダ ◆ZvZd.GV/y6 :2007/01/14(日) 21:17:53
ピサロ「ロザリー!
き きさまら! ロザリーに なにをしたっ!?

40 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:20:10
少年はさらに腰使いが激しくなっていく。若さにまかせてさらに、さらに

人妻はその腰使いに耐えられない喜びを思い出していた。その中で、少年の激しさに自分の老いと、久し振りのセックスに時間を感じていた。


少年「奥さん、もうイキソウだよ、ハァハァいきそうだよ、どうしよう」


人妻「アァ、早く済ましてほしいけど、終わらせたくないっ!もう少し、もう少し」

少年「あぁっ、クっもうちょっと、もうちょっと」

ガシガシ ガシガシ

少年「アァ、もうだめだ、限界だよ、もう駄目だ!」
人妻「アッ、イクイクーダメーーー」

41 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:20:55
ブライ「ぐぇへっへっへ
ロザリーはワシのもんじゃあ!!」
ピサロ「きっさまーー!」

42 :ボナンザ ◆BONAR/zz/w :2007/01/14(日) 21:21:33
しかし あばれうしどりは ねむっている

43 :サモハン:2007/01/14(日) 21:22:23
おいおいお前ら、ここは純愛ストーリーのスレだぜ

44 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:26:17
ひとづまがあらわれた!
ピサロの攻撃!ひとづまAに150ポイントのダメージ!
しょうねん はすべての まりょくを ときはなった!
ひとづまAに 1118のダメージ!
ひとづまAをたおした!

45 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:27:49
>>40つづき

少年「アッ、もうだめだよ」

人妻「だしてぇ、お口にだしてぇーア、ア、アァー」

少年は、素早く花壷から汁でギラギラ輝く怒張した肉棒を引き抜くと、ガクガクとした足運びで人妻の口元へと運ぶ、粘度の高い若い精液が大量に人妻の舌に絡まってゆく。

人妻は独特の香りに鼻孔を刺激されると共に、頭の奥を痺れさせていた。

46 :募集中じゃないもん:2007/01/14(日) 21:30:37
>>43
おまえがゆうかっ
>>45とかなんか読んでて気持ち悪くなるね

47 :サモハン:2007/01/14(日) 21:31:54
いつのまにか純愛ストーリーが官能小説に………

これが今の日本の現実か…

48 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:36:57
人妻は、少年の精液をゆっくりと味を確かめる様に舌を動かしながら喉に絡まる精液を体の中へ流し込んだ。
一つの間をおいて少年は聞いた

少年「奥さん、ハァハァよかったですか?」

人妻「ハッハッ、すごく、ハッ、よかったわ」

人妻は呼吸を荒げている。久しぶりのセックスに呼吸が整わない。その姿はまるで狩りを終えた獣の様だった・・・

49 :田舎の探偵:2007/01/14(日) 21:45:03
純愛は吹っ飛んだ

50 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:48:18
>>48
人妻は一旦呼吸を整えるとともに、頭の中で一つの罪悪感が過ぎってくる。人妻はすぐに少年に今の事を忘れる様に諭した。さすがに人妻である事を自覚した瞬間でもあった。

人妻「今日の事は忘れて欲しいの・・・あなたにはまだ分からないと思うけど、いけない事なの」

少年「そんな・・じゃあ今のは・・すぐに忘れる程なんでもない事なんですかッッ!」

人妻は少年の心からの声に動揺と少しのうれしさを感じていた。少年は心の中に何かが芽生えた、それが何で、どんな言葉なのかを把握できぬまま、涙を浮かべ人妻の家をとびたした。

51 : ◆RUNRUN7qvw :2007/01/14(日) 21:48:40


     ∧   CMウゼエヨ!!!!!!!!!
    /´。`ーァ   \ ̄ ̄ ̄\
    {  々゚l    //\     \
   / っ /っ  //\ \    
  /   /  彡//   \ \___\
  ∪^∪           \//   //
                 // ̄ ̄//

52 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 21:50:13
どうやらこのフロアにはあと2個まんこのにおいがする。

53 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 22:12:32
人妻は一人取り残された。熱い時間が嘘の様に冷たく時計が時を刻む。人妻は快楽を下腹部に感じたまま、罪悪感と自分への言い訳で頭が一杯になった。
一先ずシャワー室へ急ぐ事にした、だが、少年とのセックスはまともに足を運ぶ事を許さない。
人妻はだらしない自分を見て不思議と笑みがこぼれる
人妻「すごかったな・・あの子には悪い事しちゃったかな」

54 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 22:25:40
少年は家へと全力で向かった。
一般的な暖かい家族と優しい人達に囲まれ育った少年には冷たくされた事はショックだった、あれほどの感動を味わった後にはよりショックだった。

少年も相手が人妻である立場の悪さを理解しているつもりだったが、若さ故自分を優先させる考えが生じるのもいたしかたない。

55 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 22:32:08
少年「どうしてッなんでなんだ!僕は本気なのに、あの人はずるいよ!!」

少年は今時珍しい程、純粋でやさしさに溢れた子だった。
しかし、その純粋が故に現実を、どうにもならない現実を直視する事ができない。普通の男であれば一度の情事ですませたかもしれない。わざわざ人妻を想う事はしないだろう。

56 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 22:34:33
マダンテマダー?(・∀・)

57 :恋する名無しさん:2007/01/14(日) 22:39:15
少年が家に着いた時、人妻はシャワーで汚れを落としていた。
人妻の家は一般的な家よりも大きく、威厳もあった。いや、威圧的ですらあった
これは夫がワンマンの社長で今時珍しい悪趣味な男だったからかもしれない。

シャワーは人妻の汚れを落としていく。雫が元気よく肌を弾いた時、玄関から大きな音を響かせて夫が帰ってくる。

58 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 03:34:22
シコシコ

59 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 03:41:59
その男は金のサングラス、金の時計、金づくめだった、一目で悪趣味がわかる風貌だった。人妻は夫の帰りに気付くと一目散に着替え不安げな顔で夫のいる玄関へと急ぐ。

夫「おう、けぇったぞ!」
人妻「お帰りなさい、あなた。今日は早かったのね」
夫「おう、そんな事よりメシだメシ!」

60 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 03:47:25
人妻はさっきまでの情事を胸に秘めながら、台所で料理にとりかかる。そのとき夫が後ろから抱き着く

夫「おまえ、いい臭いしとるな。シャワーでも浴びたのか?」

人妻「え、ええ、ちょっと汗かいちゃったから」

夫「変な事してないだろうな?まあいい、しかしええ体しとる」

61 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 03:52:51
普通ならこの後、性交へと移るだろう。しかし、この夫は今までの不摂生がたたり、糖尿病を患っていたため、肉棒に力が篭らない。
人妻「あ、あなたご飯できたわよ」

夫「さ、メシにするか」

なんの事は無いブルジョアな食事風景が拡がっていた。爆弾を裏に抱えながら・・・

62 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 03:59:28
少年は家の前まで、近付くと玄関の前に誰かが立っているのを見つけた。
その子は幼なじみのJ子だった。

J子「遅かったね、どうして今日来てくれなかったの?ずっと待ってたのに」

少年「あ!い、いやちょっと田舎のおばあちゃんが急にきちゃってさ」

J子「ふーん、あ、首、赤くなってるよ」

少年「え、あ、い、いやこれはなんでもないよ」

63 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 04:06:22
少年「もう、遅いから帰れよ」
J子「う、うん」

一通りのやり取りをしてJ子は家へかえる。嫌な胸騒ぎを胸に抑えたまま。J子は少年と幼稚園からの幼なじみで、少年の事をよく知ったつもりでいた。J子は性格もよく、見た目もよい。トータルでみてもなかなかである。

64 :七尾市代表になな子さん ◆NANASHIQ/Q :2007/01/15(月) 14:52:16
>>100-120
私の連続投稿

65 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 18:01:00
続きマダー?(・∀・)

66 :恋する名無しさん:2007/01/15(月) 18:05:52
>>59
>夫「おう、けぇったぞ!」

吹いたwww

67 :恋する名無しさん:2007/01/22(月) 20:17:13
女犯したい

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)